写真をより美しく!色彩調整などのサービスがあるか?

色彩調整ができると何がいいの?画像の調整をするメリット

色合いがうまく出ていない夜景の写真だけれど、できればフォトブックに載せたい。思ったより暗くて被写体がハッキリしない写真、フォトブックにした時も暗くなってしまうのか心配。このような希望や不安がある場合は、画像の色彩調整や明るさなどを調整できるサービスを行う、フォトブックの製造会社を選ぶとよいでしょう。写真を好みの色合いにする、明るさや色のメリハリ具合を変えるなどして写真をより美しく残すことができます。画像の調整というと難しい作業ではないか?と警戒する人もいるかもしれません。しかし実際には、フォトブックの原稿を作るソフトや端末の指示を見ながら作業できるため、普段からパソコンやスマホに触れている人ならば気軽に作業できるでしょう。

どんな時にどんな機能を使えばいいの?画像調整の代表的な機能

まず、色の調整は「コントラスト」や「彩度」といった機能を使って調整できます。コントラストは色の明るいところと強いところの差を強調するか弱めるかの調整、彩度は色を鮮やかにするか、白や黒を混ぜたような柔らかな色にするかの調整です。これらの作業をすることで写真全体がくっきりと鮮やかになるか、少しふわっとした感じになるかを変えられます。画面の指示に従って調整すると、画像が指定通りの見え方に変わりますので、好みの色に調整します。

暗くなりすぎた写真や反対に明るくなりすぎた写真は、明るさ調整の機能があるサービスを利用しましょう。これも画面に指定通りに調整した場合の画像の見え方がでてきますので、それを見ながら好みの明るさにしましょう。